法務の求人市場の傾向

即戦力として実務経験者を採用するケースが圧倒的ですが、ポテンシャルのある若年にも期待感を持っています。一方弁護士有資格者を採用するケースも傾向として増えています。

法務職への応募

法務の求人市場の傾向

法務関連部門での十分なキャリアを持ち、その経験とネットワーク、フットワーク加えてビジネスの急激な変化に対応できる柔軟性に自信のある方であれば有利な市場といえるでしょう。

M&Aやグローバル化を背景に強化増員目的で即戦力として法務実務経験者を中途採用するケースが圧倒的に多いようです。

同時に法務を遂行する優秀な人材の育成やポテンシャルのある若年の人材にも企業は期待感をよせています。

企業における法務の役割は重要性を増し人員強化の傾向が今後も継続していくでしょう。

初めにも触れました通り、法務業務のハードルはけっして低いものではありませんが将来的に有望な職種であると言えます。

構成人員が小さい職場であれば各自に与えられる責任はより重くなるでしょうがその分与えられる権限も大きい仕事のようですからやりがいを求める方には最適な環境でもあるでしょう。

若年層の未経験者にポテンシャル重視の採用を考える企業がある反面前述の通り弁護士有資格者を求める傾向も増えているので実際にはさらなる法律に関する深く幅広い知識が求められていることも事実です。

スキルに不安のある応募者は今後の需要を踏まえた法務の役割に注目し必要なスキルを積極的に習得していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加